愛車に深い擦り傷がついてしまった場合、修理屋板金などをすると思わぬ高額料金を請求されることもあります。
そのため、自分で修理したいと考える人も少なくありません。
まず簡単な手順ですが、傷が付いている部分をしっかりと洗浄します。
表面の汚れや砂埃などをしっかりと落とすことができたら、サンドペーパーで傷の周辺を磨いていきましょう。
すると塗装が剥がれて傷が浮き上がってきます。
傷がかなり深い場合は、そこにパテなどを刷り込ませるようにます。
まず、サンドペーパーで磨いて傷を浮き上がらせたら、再度洗浄し塗装の粉を落とします。
そしてパテを適量盛って傷を埋めていきます。
この時少々盛り上がるくらいに塗りこむようにするのがコツです。
パテが完全に乾いたら、再度サンドペーパーでパテを削っていきます。
パテが削れて傷が隠れたら、水で綺麗に汚れを落とします。
そして汚れを綺麗に落として水を拭き取った後で塗装をしていきます。
この時、自動車の色と全く同じ塗料を取り寄せるようにしましょう。
周りに塗料が付着しないように広い範囲にマスキングをしてから、エアブラシなどがあれば、それを使って塗料を噴霧していきます。
エアブラシで塗ったほうが自然な仕上がりになります。
後は塗料を乾燥させて修理完了です。