軽い擦り傷の隠し方

| 未分類 |

自動車を毎日のように使用していると、気づかないうちにボディに傷がついたり、凹んでいたりといったことは誰しも経験があることです。
特に、ボディ下部は、走行中に石などがはねたりして傷がつきやすい部分です。また、ドア周りなども、駐車場で隣の車にぶつけられたり、また、服の金具などがこすれて傷がつく場合が多く有ります。
大きい傷がついたり、深く凹んだりした箇所は、板金工場など、プロに修理を依頼するしかありませんが、軽い擦り傷程度ならば、自分で修理できる可能性があります。
ホームセンターや、カーパーツショップなどには、車の補修用品も数多く取り扱っています。傷を埋める補修材のほか、補修をしたあと容易に塗装ができるスプレーなどがあり、車種、メーカーごとに豊富に色数が揃っています。
これらの補修材を利用して、擦り傷を補修する場合、取扱説明書や、店によっては補修の手順が書かれたしおりを配布していますので、これらを参考にすると初めて行う場合でも大きな助けとなります。
また、ごくごく軽い傷の場合、ボディ表面の塗膜の上に塗布してあるクリア層のみが擦り傷となっていることがあります。こうした時は、コンパウンドなどの研磨剤で擦るだけでも、表面が馴らされ、傷を消すことが可能な場合もあります。
傷の程度によって、これらの方法を使い分けることが大切です。