道路を自動車で走行していると、飛び石などでボディに傷がついてしまうことが多くあります。
また、これ以外にも、乗り降りの際に、ドアをぶつけてしまったり、壁や縁石などにこすったりなど様々な原因があります。
このような傷は、塗装面についたものであれば、コンパウンドなどで表面を研磨することで直せることがあります。また、コンパウンドでは取れなくても、ボディと同じ色の塗料で部分的に塗装を行うことで修理することも可能です。
ホームセンターなどでは、こういった補修用品を多数取り扱っているため、こうした塗料は比較的簡単に入手することができます。
しかし、塗装面だけではなく、ボディの鋼板にまで達するような深い傷となった場合、これらの方法では修理することができません。また、こういった場合、放置しておくと錆などが発生してしまい、周囲の塗装を侵してしまうことで更に被害が広がりますので、早めに対処を行う必要があります。
こうした場合、下地からの修理が必要となります。パテなどで、下地を形成し直し、平滑な面を再生することで、同じように塗装を施すことが可能です。補修用品などを使用して修理することも可能ですが、広い面積や、作業になれていないと若干難しい作業となりますので、板金業者など、プロに依頼する方が綺麗に直すことが出来ます。