自動車の内装を綺麗にするためにあると便利なのがブラシ付きハンドクリーナーと軍手2組です。
ブラシは取り外しできるもので、ハンドクリーナーはできるだけ小型で軽量なものが取り回しが良くて便利です。
まずはカーペットを外して、シートやインパネの上の部分からハンドクリーナで細かなゴミやホコリを吸い取って行きましょう。
汚れを吸い取った後は床面に残った汚れを吸い取っていきます。
ドアの手すりやカップホルダーにもゴミがたまっていることがあるので、しっかりと吸い取りましょう。
ある程度ゴミや汚れを吸い取ることができたら、次に台所などで使う中性洗剤を水で溶かしたものを用意します。
軽く泡立つ程度に薄めたら、軍手をハメてその水溶液を染み込ませます。
そしてドアやインパネを手で磨くように拭いていきましょう。
軍手で拭いていくと細かいところまで手が届くので簡単に綺麗になります。
全て磨き終わったら手をよく洗い、もう一つの軍手を装着して乾拭きをしていきます。
そうすると、見違えるようにピカピカになります。
このように、ちょっとした工夫で車内を簡単に綺麗にすることが可能になります。
あまり手間もかからないので時間がない方にとてもお勧めです。