車内クリーニングのやり方

| 未分類 |

洗車で車のボディーは綺麗にしている人も多いですが、一緒に車内クリーニングもしておくと、気持ちよく運転する事ができます。
特に普段乗っている自分では気付かないニオイもあったりするので、定期的に車内の掃除はしておきたいものです。
手順としては、まず最初に掃除機で車内全体に溜まっているホコリやゴミを取り除きます。
奥まっていたり届きにくい所などもあるので、細長いノズルを使用すると掃除しやすくなります。
大まかなゴミを取ったら次は拭き掃除をします。
メーターやエアコンまわりを拭き、シートに付いたシミは石鹸を付けたタオルなどで叩くようにして汚れを落とします。
髪の毛や掃除機で取りきれなかったものは、市販の粘着シートの付いたローラーやガムテープなどを使って取り除きます。
メーターのカバーはデリケートなので、キズを付けないようなシートで拭くと良いです。
細かい穴やくぼんだ所は使い古した歯ブラシなどを使うと綺麗に取れます。
足元のマットは外しておいて、外でホコリを出し、洗浄できるものは水でしっかり汚れを取って乾かしましょう。
ウィンドウは外だけでなく内側も綺麗にしておくと視界が良くなるのでしっかり拭いて置きます。
タバコを吸う人は吸殻の掃除と他の人が乗る事も考えて消臭や防臭などもしておくと良いです。